【2019年】1万円位でそこそこ使える中古スマホをまとめました。カメラ性能が良い割安機種もあります

5
安いスマホ
この記事は約17分で読めます。
スポンサーリンク

ここでは2019年現在でも【そこそこに使える】安いスマホをまとめて紹介します。

2018年版として去年まとめたものを編集し直しました。

 

私が今まで使ってきたスマホの経験から下記の性能があれば2019年現在でも「それなりに」使えると考えています。

OS:6.0以上
CPU:Snapdragon 625(または450)以上
RAM:2GB以上
液晶解像度:1280 x 720以上

OS 6.0以上であれば今後1年くらいは問題なく主要なアプリは動作すると思います。

また「安い」スマホを探すなら、下記のどちらかです。

  • 発売から2年以上経過した白ロム機
  • 発売から2年前後のSIMフリー機

 

2年というのを目安にしているのは訳がありまして、現在使われているリチウムイオン電池は500回の充電がひとつの目安になっています。

多くの人が1日1回充電していると考えると1年半ほどで500回は超えます。

この500回というのは、0%→100%の充電で1回とカウントされるので、30%→80%なら0.5回となります。

 

もちろん、500回を超えたからといって急に劣化するわけではありませんし、使い方や充電の仕方次第でまったく変わってきますのであくまで目安です。

 

白ロムに関しては、【2年】というのは契約上の縛りの点からです。2年経つと割引がなくなるので

→機種変更をする人が多くなる

→買取に出す人が増える

→在庫が増える

→値段が下がる、という図式です。

スポンサーリンク

「それなりに使える」の基準は?

スマホの使い方は千差万別なので、基準といっても難しいのですが、一応このページでは「毎日使う前提で、多少もたつくことがあっても、LINEやTwitterが使えて、ネット検索やブラウザ閲覧に特に支障がない」というのを基準にしています。

とはいえ人によって耐えられるレベルは違うので、あくまで私が考える「それなり」ということでお願いします。

おおよその値段は?

2019年8月現在、上のスペックを満たす端末の値段は、「様々な端末」が「様々な状態」で売られているので、安い物であれば

6000円前後から

というところです。

 

あくまで「安く」ということなら以下の条件で探すのをおすすめします。

  • 手間はかかるがヤフオク
  • 傷の程度は自分が許容できる範囲で

傷の程度はヤフオクで買うなら写真と文章でよく確認しましょう。

上の条件でさらに「傷が結構あるもの」で探せば数千円から買えます。

白ロム・中古端末を買える場所は?

安さ重視なのでヤフオクをすすめていますが、ヤフーアカウントを持っていない方もいると思いますので、他のお店も紹介します。

メルカリは個人からの出品なので、中抜きがない分安くなりそうですが、相場より安ければそれこそ瞬殺なので、安く買うにはヤフオクより根気がいるかと思います。

じゃんぱら

白ロムを売ってる店は探せばいくらでもあるのですが、他のお店と比べて比較的安めなことと、実物を大きな写真で確認ができるので、傷の程度がよく分かります。

大きい写真を確認できるのは仮注文後ですが、仮注文後でもキャンセルができるので安心してください。

以前に2年半使ったドコモ【F-01F】もここで購入しました。

じゃんぱら【スマホ・PC・デジタル家電の中古販売・買取・iPhone修理】
スマホ・パソコン・デジカメ・オーディオの...

ECOMO(楽天)

ジャンク品をとにかく安く買いたい方にはいいと思います。

Cランク以上になるとそこまで安くはありません。

中古スマホ・携帯・タブレットのリサイクルモバイルショップECOMO楽天市場店
中古スマホ・携帯・タブレットのリサイクルモバイルショップECOMO楽天市場店

 

では以下に、まずは白ロムで2019年時点でも「それなりに」使える機種を書いていきます。

 

まだつかえる白ロム

格安SIMはドコモ系が圧倒的に多いので、ドコモの白ロムだけ紹介します。

【評価がそこそこ良い機種】かつ【中古の相場で15000円以下】の物だけ紹介します。

 

1段目は機種名で、2段目は左端から、

発売時期、OSの最終バージョン、画面サイズ(インチ数)、解像度、RAM、電池容量、CPU名(頭の数字はコア数)、アウトカメラのf値、重さ、価格.comでの評価(小数点第1位まで)

となっています。

上から新しい順で、メーカー別に列記しています。

じゃんぱら・楽天市場の通販リンクも貼っておきます。

楽天はポイント還元施策が多いので、タイミングがよければ10%還元ぐらいは狙えます。Amazonは商品の状態が分かりにくく買ったことがないので割愛。

 

Xperia XZs SO-03J

2017-5 8.0 5.2インチ 1920 4GB 2900 4snap820 2.0 161g 4.2

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

Xperia XZ SO-01J

2016-10 8.0 5.2インチ 1920 3GB 2900 4snap820 2.0 161g 3.8

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

Xperia X Compact SO-02J

2016-10 8.0 4.6インチ 1280 3GB 2700 6snap650 2.0 135g 4.3

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

Xperia Z5 Premium SO-03H

2015冬 7.0 5.5インチ 3840 3GB 3430 8snap810 2.0 181g 4.0

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

Xperia Z5 SO-01H

2015冬 7.0 5.2インチ 1920 3GB 2900 8snap810 2.0 154g 3.8

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

Xperia Z5 Compact SO-02H

2015冬 7.0 4.6インチ 1280 2GB 2700 8snap810 2.0 138g 3.8

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

Xperia A4 SO-04G

2015夏 6.0 4.6インチ 1280 2GB 2600 4snap801AC 2.0 129g 4.1

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

Galaxy S7 edge SC-02H

2016-7 8.0 5.5インチ 2560 4GB 3600 4snap820 1.7 158g 4.2

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

arrows NX F-01J

2016-10 8.0 5.5インチ 1920 3GB 2850 8snap625 2.0 169g 4.4

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

arrows NX F-02H

2015冬 7.1 5.4インチ 2560 3GB 3390 6snap808 2.0 167g 3.8

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

AQUOS Compact SH-02H

2015冬 7.0 4.7インチ 1920 3GB 2810 6snap808 1.9 120g 3.9

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

AQUOS ZETA SH-01H

2015冬 7.0 5.3インチ 1920 3GB 3100 6snap808 1.9 151g 4.1

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

AQUOS ZETA SH-03G

2015夏 7.0 5.5インチ 1920 3GB 3000 8snap810 1.9 150g 3.9

じゃんぱらで検索

楽天で検索

上記の中でおすすめは?

個人的には、私もau版を所持している「Xperia XZ」がいいのではないかと思います。

中古で多少傷ありを探せば10000円以下で買えます。

上の中では新しめなのでバッテリー面で多少安心ですし、OSも8.0まで対応します。

CPUもSnapdragon 820で今のミドルハイぐらいの性能なので、少々重たいゲームでも大丈夫です。

 

もしくは、富士通の「arrows NX F-01J」。

防水防塵は当然ですが、MIL規格にも対応しています。

【高さ1.5mから26方向でコンクリートに落下させても画面が割れない】らしいです。他にも【虹彩認証】が搭載されています。

電池持ちの面でも一般的な機種より上です。

Xperiaに比べると数が少ないせいか、中古で15000円くらいです。

 

上で紹介しているシャープの機種はレビューを読むとやや微妙。レスポンスが悪いという意見が目立ちます。

米国のファーウェイへの制裁について

ニュースで話題の通り、2019年現在米国はファーウェイ(HUAWEI)に対して輸出規制を実施しています。

この影響で2019年5月21日以降に発売されるファーウェイのandroid端末については、OSならびにGoogleマップ、Gmail、Playストアといったアプリが搭載できなくなります。

ただ、米国も影響の大きさを考え8月19日までは猶予を与え輸出規制を解除していましたが、その後さらに90日伸ばすと発表がありました。

この影響で私も購入しようと思っていた「P30 lite」が各所で発売が遅れました。

では、既に発売済の端末についてはどうかといえば、Googleからは引き続きサポートするという発表がでており、影響はなさそうです。

とはいえ、今後の米中の情勢次第ではどうなるか分かりませんので、以下でおすすめしているHUAWEI製のスマホを選ばれる場合は、多少の覚悟をして購入していただければと思います。

(2018年以前の発売機種なので影響はまずないと考えています)

SIMフリー端末の中古

キャリア製端末以外のおすすめをあげていきます。

まず、SIMフリー端末とは?というところから。

数年前までケータイ(スマホ)といえば、ドコモやauといったキャリアショップで購入するのが普通でした。

好みの端末を選んで通話・通信プランも契約して、月々いくらです、という契約です。

 

それに対してSIMフリー端末は、端末だけをお店や通販で購入することになります。

通話・通信のプランは一般的に格安SIM(MVNO)を契約して使います。(キャリアショップ契約のSIMも使うことはできます)

ここ数年はスマホの頭脳とよばれるCPU(SoC)の性能が向上したこともあり、SIMフリー機だからといって、安かろう悪かろうなんてことはなく、新品2万円台のSIMフリースマホでも十分使えます

特別なこだわりがなければ、写真をとって、LINEをして、Twitterやインスタを見て、ちょっとゲームをしてという用途であれば普通にこなせます。

注意が必要な点としては、3Dゲーム(の中でも特に負荷が高いゲーム)をごりごりするような場合にはおすすめできないというぐらいです。(4万円以上するスマホは別です)

 

ということで、新品で買うと2万円以上はするSIMフリー端末の中から、そこそこ使える中古品のおすすめを書いていきます。

白ロムに比べて新しい端末が多いので、バッテリーの持ちが重要な方はこちらから選んでもらった方が無難です

 

先ほどと同じように左から

発売時期、OSの最終バージョン、画面サイズ(インチ数)、解像度、RAM、電池容量、CPU名(頭の数字はコア数)、重さ、価格.comでの評価(小数点以下第1位まで)

を書いておきます。

中古の相場は端末の状態によってかなり上下するので参考程度にご覧ください。

 

HUAWEI nova

2017-2 7.0 5.0インチ 1920*1080 3GB 3020 8snap625 146g 4.6

相場:10000円前後

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

私が2019年5月まで約2年つかっていた機種です。

バグや不満もない良機種ですが「P10 lite」の影に隠れて存在感が薄いです(汗

予算が1万円位で、格安SIMで使えて普通に使える(そこそこ何でもこなせるの意)機種なにかない?

と知り合いに聞かれたら、私ならまずこれをすすめます。

P10 liteと比べて5インチとやや小ぶりで、またHUAWEIで最後のSnapdragon搭載機です。USB type C搭載でさらにDSDS対応。(microSDとの併用は不可)

OSは残念ながら7.0止まりですが差し当たり問題はないと思います。

HUAWEI P10 lite

2017-6 8.0 5.2インチ 1920*1080 3GB 3000 8kirin658 146g 4.3

相場:10000円前後

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

2017年に一番売れたという端末。こちらも万能のミドルクラス端末です。

SIMフリー版とUQ版がありますので、中古で買うならSIMフリー版の方が無難です。

motorola Moto G5s plus

2017-10 8.0 5.5インチ 1920*1080 4GB 3000 8snap625 170g 4.0

相場:13000円前後

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

5.5インチと液晶がやや大きめです。

こちらもDSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)対応となっています。(microSDと併用不可)

motorolaは通知ランプが無いので、ないと困るという方はやめておいた方が無難です。

とはいえ結構売れているようなので、なくても案外困らない(慣れる)のかもしれません。

HUAWEI nova lite 2

2018-2 9.0 5.6インチ 2160*1080 3GB 3000 8kirin659 143g 4.2

相場:12000円前後

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

去年発売の機種です。2018年頃からいわゆる「縦長液晶」が増えてきました。

こちらも縦横比が以前の16:9ではなく【18:9】となっています。

新しい機種なのでバッテリーの劣化という面でも他より安心で、OSも9.0となっています。

カメラ性能の良いSIMフリー機

こちらではSIMフリー機の中でも特にカメラの評判が良い割安機種を書いておきます。

割安であって格安ではありませんが、発売当時は6万円以上するいわゆる高級機です。

何をもってカメラ性能が高いとするのは難しいところですが、複数のレビューサイト(価格.com、ITmedia、ASCII、Amazon等)を見たり、カメラベンチマークサイト「DxOMark」を参考にしたりしてます。

 

HUAWEI P10

2017-6 9.0 5.1インチ 1920*1080 4GB 3000 8kirin960 145g 4.6

相場:17000円~

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

2017年に一番売れたという「P10 lite」の上位機種です。

2年前とはいえ、OS 9.0にメモリー4GBで、CPUも今のミドルハイくらいの性能はありますので必要十分です。

この値段なら私もサブ用途に欲しくなります。

HUAWEI P20

2018-6 9.0 5.8inch 2244*1080 4GB 3400 8kirin970 165g 4.4

相場:25000円~

じゃんぱらで検索

楽天で検索

 

昨年一番売れたという「P20 lite」の上位機種です。

ファーウェイばっかりですいません。

他にカメラで評判の良いのはGalaxy、iPhone、Pixelあたりですがかなり高いんですよね。

余談になりますが、現在私は2019年5月末に購入した「Xperia XZ1」を使っていて、購入時に最後まで悩んでいた機種がP20です。
もともとは「P30 lite」を購入するつもりでしたが、米中の問題が出てきたことにより最新機種はリスクが高いのでやめ、価格が少し上がるだけだったので昨年の上位機種であるこれを候補にしました。
5月末時点ではXZ1もP20も約4万円であり、性能的にも甲乙つけがたかったのですが、その時点では米中問題の行く末が不透明すぎたので最終的にはXZ1にしました。
もし私が今から自分用のスマホを買うならこれかな、ということもあり取り上げています。

動作確認済のゲーム

ちなみに下記のゲームでしたらSnadragon 800の端末で動作確認済です。(今まであげた端末はすべて800以上の性能です)

一部動作(処理の重たいエフェクト時など)ではカクカクすることがありますが、おおむね問題なく遊べることは確認しています。

  • モンスターハンター エクスプロア
  • スターオーシャン アナムネシス
  • ヴァルキリーアナトミア
  • Fate/Grand Order
  • ソードアート・オンライン メモリーデフラグ
  • スーパーマリオラン
  • ポケモンGO
  • PUBG MOBILE
  • 荒野行動

CPUの性能について(AnTuTuのスコア)

記事の中でSnapdragon625やら450やら800色々でてきましたが、イマイチ性能の違いがわからないと思います。

詳しくは別の記事にまとめていますので気になった方は見て頂ければと思います。

AnTuTuスコアを相対的に分かりやすくまとめてみる(スマホの性能比較)【2019年9月更新】
【19.9.10追記 CPU(SoC)をいくつか追加】 【18.7.2追記 Snapdragon 450を追加】 【18.6.27追記 CPU(SoC)をいくつか追加】 【18.6.20追記 P20lite、nova2、m...

OSバージョンに関する注意点

2018年に「ヤフオク」や「メルカリ」のアプリがOS 4.4以下の端末を非対応としました。

こういった利用者の多いアプリが打ち切られていくOSバージョンは、他のアプリが非対応になるのも時間の問題だと思いますので、2019年8月時点では5.0が利用できる最低ラインだと考えています。

とはいえ、2019年中には5.0も非対応になってくるアプリがでてくる可能性がありますので、購入して1年以上使いたい方は6.0まで対応してる端末にした方がいいと思います。

格安SIM会社のおすすめは?

使う人の状況(1人しか契約しない・10GB以上必要etc)に最適な会社は変わるので、一概におすすめできませんが、我が家のような家族で使いたいという方にはイオンモバイルおすすめですよ。

こちらの記事に詳しく書いてますのでご参考に。

2台持ちから「イオンモバイル」へMNP!実店舗での契約手順やデメリットの説明。データSIMの追加手順も
今回は実際に店舗で「イオンモバイル」の通話シェアプランを契約してきましたのでそのことを書いていきます。 ガラケーからのMNP手順やアドレス帳の移行については下記の記事にまとめています。 auガラケーからのMNPの手順をかきます。...

 

実際に私も2018年2月からずっと契約しています。

  • 通話SIMが契約できる
  • 3枚以上のSIMが欲しい
  • 通信料は合計で月間5GB前後

このような方に最適です。

 

イオンモバイルだとSIM1枚のプランもありますが、複数枚のSIMが発行できる「シェア音声プラン」というものがあります。

シェア音声というぐらいで、このプランは【音声SIM1枚+データSIM2枚】が基本のプランです。(音声SIM3枚に変えることも可能)

一部ですが以下に料金を掲載します。(以下すべて税別表示)

プラン名料金(月額)
シェア音声4GB1780円
シェア音声6GB2280円
シェア音声8GB2980円

他社含めて格安SIMの料金目安として、音声SIM1枚に容量3GBがついて、1600円ぐらいです。

SIM1枚1600円ぐらいが相場です。

なのにイオンモバイルはデータSIMがさらに2枚ついていて1780円

 

補足として、

  • データSIMを音声SIMに変更した場合は、1枚毎に+700円/月
  • 最大でSIMは5枚まで発行でき、4枚目以降は+200円/月

このようになっています。

 

例えば、夫婦2人は音声SIM、子供スマホ用にデータSIM1枚、容量6GBという場合、2980円になります。

これにタブレット用でさらにデータSIMを追加した場合でも、合計3180円で済みます。

他社のシェアプランがあるIIJmio、DMMモバイル、hi-ho、BIGLOBEなどすべて確認しましたが、間違いなく最安です。

ただ、容量が8GB以上になると、DMMモバイルやIIJmioの方が安くなるので注意してください。

イオンモバイル

イオンモバイルの使用感

まず、12時台はかなり遅いです。

これはUQやワイモバを選ばない限り解消できません。特に12時30分以降はイライラするぐらい遅いので覚悟してください。

あとは、18時台、19時台も少し遅いかな、と感じます。(12時台よりはかなりマシ)

 

私の用途は、ニュース・情報系サイトの閲覧、LINE、Twitter、ゲームというところですが特に支障なく使えています。

ちなみに、低速に固定して容量を消費しないという利用もできますが、かなり遅いので実用に耐えないレベルです。

SIMが1枚で大丈夫な方は

特にイオンモバイルにこだわらなくてもOKです。

どこの会社もほぼ大体同じ値段です。

音声SIMに容量3GBで1600円というところです。

お昼に遅いのが耐えられない方は

格安SIM会社はどこも遅いです。

が、UQモバイルとワイモバイルだけは別です。12時台や18時台の速度低下がありません。

 

申し訳ないですが個人的にソフトバンクにはあまり信用をおいていないので、UQモバイルをおすすめしておきます。

(回線がというよりは料金体系がいやらしいのが嫌なんですよね・・・)

 

UQモバイルは「おしゃべりプラン」や「ぴったりプラン」をやたら前面に推していますが、通話をあまりしないなら「データ高速+音声通話」が一番安いです。

容量3GBで1680円なので、SIMが1枚でいいなら私もここを契約していたと思います。

詳しくは以下でご確認ください。

その他の料金プラン│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)
UQ mobile(モバイル)の公式サイトです。利用スタイルに合わせた4つの料金プランをご紹介。UQ mobile(モバイル)の格安スマホ、格安SIMは通話もネットもコミコミで家族割で更にお得に!ご利用状況に合わせたおすすめなプランをご用意しています。

 

UQモバイルはau回線ですが、au回線は3大キャリアの中ではちょっと特殊な立ち位置なので端末側が対応していない場合があります。(SIMフリー端末でも非対応あり)

上で紹介した「nova」は対応していますが、「nova lite 2」は非対応です。

UQを使う予定の場合は、事前に確認してから端末を購入してください。

 

実際にイオンモバイルを店頭で契約した流れなどはこちらに書いています。

2台持ちから「イオンモバイル」へMNP!実店舗での契約手順やデメリットの説明。データSIMの追加手順も
今回は実際に店舗で「イオンモバイル」の通話シェアプランを契約してきましたのでそのことを書いていきます。 ガラケーからのMNP手順やアドレス帳の移行については下記の記事にまとめています。 auガラケーからのMNPの手順をかきます。...

 

 

皆さんのスマホ選択のひとつの指標になれば幸甚です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました