auガラケーからのMNPの手順をかきます。イオンモバイルへ移りました!(MNP予約番号の発行の仕方)

格安SIM(MVNO)
スポンサーリンク

今までケータイはガラケー(通話用)とスマホ(データ通信用)のいわゆる「2台持ち」をしていましたが、とうとうまとめることにしました。

MNP先はあれこれ悩んだ結果「イオンモバイル」にしました。

 

実際の店舗での契約の流れ等については以下の記事に書かせてもらいました。

とうとう2台持ちから「イオンモバイル」へMNPしました。実店舗での契約の流れやキャリアメールがなくなる注意点など

 

今回はまず、ガラケーからのMNPの方法等について書いていきます。

 

スポンサーリンク

私の契約状況

ガラケーはau GRATINA2 3Gです。

この2年使ってみた感想としては、通話とメール(ezweb)に限れば使いやすい機種でした。何より電池持ちがいいです。

でスマホの方は昨年買ったHUAWEI novaに格安SIM(excite)で使っていました。(novaの前は富士通のF-01F)

 

auガラケーからのMNP手順

店頭や電話でもできますが、時期や時間帯によっては混みあうので「EZweb」からするのが簡単だと思います。

写真をのせつつ説明していきます。

 

1. EZwebにつなぎ、トップメニューにつなぎます

 

2. auケータイメニュー内の「申し込み/変更する」にすすみます

 

3. ずーっと下がっていき、その他内の「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」にすすみます

 

4. 「EZwebで手続きする」にすすみます

 

5. 「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約申込」にすすみます

 

あとは契約時の暗証番号を入力すれば「MNP予約番号」というものが発行されます。

これがメールで届くのかと思いきや、自分で確認しにいかないといけないので要注意です。

 

平日の12時頃にこの手続きをしたところ、15分後には「MNP予約番号」が発行されていました

もしかすると5分ほどで発行されていたのかもしれませんが、確認しにいかないと分からないため正確な時間は不明です。

月末はMNPする人が多いため、手続きに時間がかかる場合があるとの注意書きがあります。

 

MNP予約番号の確認手順

先ほどの1から4まで同じで、5で「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)番号照会」へすすみます

暗証番号を入力すると、下記のような画面が表示されます。

この「MNP予約番号」がMNPする際に必ず必要なのでどこかにメモしておきましょう。

またこの予約番号の有効期限は2週間です。

もし、2週間を過ぎた場合は再度発行することもできます。

 

MNPの前に注意点

先ほどの「MNP予約番号」ですがMNP先によっては、”有効期限を●日以上残した状態で手続きしてください”、という格安SIM会社もあるので少し注意が必要です。

ウェブ上でMNPでの移行手続きできる会社は7日から10日ほど有効期限を残しておかないと手続き出来ないことが多いです。

 

イオンモバイルのQ&A

これはあくまでウェブ上での手続きの話なので、実店舗でMNP手続きする場合は有効期限内なら大丈夫です。

 

今回私がMNPする先は「イオンモバイル」ですが、音声シェアプランを契約するので店頭のみでの受付となります。なので有効期限内にMNPすればOKです。

 

具体的な流れや3大キャリアから格安SIMへのMNPにあたっての注意点などは以下に書かせてもらいました。

とうとう2台持ちからイオンモバイルへMNPしました。実店舗での契約の流れなど

 

今回は以上です!

当ブログでは少し古いけれど【安く】て【まだ使える】スマホ情報をまとめています。
LINEが使えればいい、とか、こどものゲーム用なんかには丁度いいと思います。

安いスマホまとめ
格安SIM(MVNO)節約
スポンサーリンク
#エスナビをフォローする
エスナビ〜子育て親による安くて使えるスマホや便利なグッズの紹介

コメント