DIYで自宅に防犯カメラを設置するぞ。機器や部材の選定・取付まで説明

防犯・防災
スポンサーリンク

さて泥棒に入られた経験から、ないよりはあった方がいいだろうということで、いくつか防犯対策をとることにしました。

  • LEDライトの設置
  • 防犯カメラの設置
  • 警音ブザーの設置

防犯において何をすれば完璧というものはありませんが、いずれも「しないよりはまし」なのは間違いありません。

今回は防犯カメラの設置について書いていきます。

 

前回はLEDセンサーライトの設置について書きましたので、よければこちらもお読みください。

防犯用にLEDセンサーライト(電池式)を設置しました。穴あけ不要で取付簡単ですよ。

 

カメラ本体以外に設置に必要な様々な物まで調べるのに、かなり手間取りました。

記事も長くなりましたが、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

防犯カメラを選ぶ

一言で防犯カメラといっても色々あります。

  • 屋外用なのか
  • 防水なのか
  • 目立たない方がいいのか
  • 夜間も監視するのか
  • 電源は必要なのか
  • 音声は必要なのか

また使い勝手を考える上でも考えておく必要があります。

  • 動体検知は必要なのか
  • 検知した時の通知はどのような方法か
  • また録画した動画はどのように視聴するのか
  • 動画の保存できる容量

 

様々なことについて事前に考えておく必要があります。

今回私が選ぶ基準として考えたのは、

  • 屋外用で防水(夜間も使用)
  • 動体検知で自動録画
  • wi-fi経由でスマホから録画した動画が再生できる

これは最低限必要でした。

 

不審な人物を録画して把握しておきたい

 

というのが今回の目的ですので、常時録画するタイプでは確認するのが面倒すぎます。

また毎日のことなので、いちいちカメラ本体からマイクロSDを抜き差ししてパソコンで確認するなんて、面倒すぎて続くわけがありません

どういった用途でそのカメラを設置するのか、また録画した動画はどういう用途で確認したいのかははっきりさせておいた方がいいでしょう。

 

さて「防犯カメラ」で検索するとたくさんの製品がでてきます。

業務用のものなら数万円台、かたやAmazonでは5000円ぐらいの中国製が売っている状態です。

お金に余裕があるなら、そりゃもちろん国産の高い物の方が信頼性はあります。

 

ですが、私としてはそこまで高品質な製品は必要としていませんし、「そこそこ」の機能で「安く」をモットーにしていますのでAmazonの下記商品にしました。

 

あれこれ考えてこれにしました

5800円でした

そこそこの機能でいいとはいいましたが、私が考えうる必要と思われる機能はすべて満たしていました。この価格で。

恐るべし中国。

 

ちなみに以下も製品も候補にしていました。

もし上記の商品が売り切れならこちらでもいいと思います。

 

記事を書きながらよくよく確認してみるとほとんど同じですね。

というかレビュー内の写真を見ると同じ製品のように見えます。(OEMでしょうか)

違うのは傘の形状ぐらいのようです。

 

私が買ったICAMIのカメラですが写真で説明していきます。

まず、大きさはこのくらいです。かなり小ぶり。

 

夜間でも映るように赤外線LEDを搭載しています。

 

付属品です。

 

可動する場所は3箇所です。

天井取付などにも対応できますが、配線を考えると素人には難しそうです。

 

金属製です。屋外で長期間使うことを考えると安心です。

 

パカッと開けてマイクロSDを取りつけます。

 

購入したカメラの仕様(注意点)

詳細な機能やアプリの設定画面、仕様などについては以下の別記事で補足しています。

購入した防犯カメラを詳しく解説します

 

ここでは簡単に説明させていただきます。

 

初期設定は有線LANが必要

通常家に置くようなルーターには有線LANのポートがありますが、もし無い場合設定ができません。

例えばモバイルルーターのみで家のインターネット環境をまかなっている場合は注意が必要です。

モバイルルーターも端末によっては付属品としてクレードル(台座)がついていますので、それがあれば有線LANポートが使える可能性が高いです。

 

ルーターの電波の届く距離に注意

初期設定が終わり、無事取付が完了した後は【カメラ】と【家のルーター】が無線で繋がることで、スマホから映像等の確認ができます。

なので、カメラの設置場所にルーターの電波が届いていないと、当たり前ですが通信ができずスマホから確認できません。

あらかじめ設置場所に電波が届いているかどうかの確認をしておいてください。

電波が届くかどうかは、スマホをその場所で使ってみて無線でつながるかどうかで判断できます。

強さが気になる方は以下の様なアプリで詳しく調べることもできます。

Wifi Analyzer

 

ルーターから電波が届かない場合は、無線LAN中継器を使うという方法もあります。

私の自宅と実家は同じ敷地内にあるのですが、実家にネット回線を引いてないので以前これを購入しました。

安いですが、常時点滅していてやや眩しい点以外は満足しています。実家でもネットが繋がるようになりました。

機能としては、ルーターからの電波をうけて、この機械から再度無線LANの電波をだすというものです。

なので例えば「カメラの設置場所に一番近い部屋までは電波届くのになあ」なんて時にはこれが有用です。

延長の延長(本機からさらに同型機へ中継)もできるようなので、普通の家ならほぼ死角は消えるのではないでしょうか。

 

マイクは内蔵していません

高機能なカメラだと録音もできるのですが、このカメラはマイクを内蔵していないので音は保存されません。

 

動体検知はされるが・・・

常時録画には設定せずに、動体検知(動く物が映った時だけ録画)で使っていますが、検知してから録画が開始されるまでわずかにタイムラグがあります

およそ1秒~2秒ほどです

なので【狭い範囲を映していて、物体が走って横切る】と録画されたデータには”何も映っていない”ということがあります。

ここを重要視する方は、動体検知時にさかのぼって録画する高機能な防犯カメラもありますのでそちらを購入ください。

 

PTZ(パン・チルト・ズーム)はできません

要するに首振りやズームはできません。

このカメラに関してはHD画質(1280*720ピクセル)なので、5m程度までなら顔の判別が可能です。

 

設置の仕方を考える

LEDライトの時もそうでしたが、「穴」は極力あけたくありません。

穴をあけること自体が大変だというのもありますが、そこから雨水が入ることで湿気を含んだり、金属なら錆びたりなんてことが想定されます。

ということで固定方法としては、「挟み込んで固定」か「両面テープ」だろうとまずは当たりをつけました。

ここから設置のための様々な商品をチェックして、頭の中で施工のイメージをしたのですが、なかなかこれは!というものがなく、土日をつぶして探しまくりました

で最終的にどうしたかを書いていきます。

 

値段と送料を考慮してネット通販は、”Amazonで買える物” かつ ”最安” ならAmazonにしています。

細かい部材は楽天の「電材堂」という店にすべて揃っていて、かつ安かったので電材堂でまとめて買うことをおすすめします。

 

未来工業 露出用ボックス 取付自在蓋 ケーブルブッシング付き PV4BANFM

カメラを設置する台です。

「取付自在蓋」とは平べったい単なる蓋ではなく、ネジ止めできる穴が無数にあいている(ただし貫通はしていない)蓋のことです。

また、カメラの配線を中に収納できる点と、このボックス自体が下で紹介するバンドで簡単に柱に固定できる点で選びました。

この商品を見つけた時は「キターーー」と叫びたいほどでした。(マジ

”色違い” と ”ケーブルブッシングのあり・なし” がありますので注意して選んでください。

「ケーブルブッシング」とは?

ケーブルを通すための穴のことです。今回、電源線を通す必要があるのでケーブルブッシングあり、の方が楽です。

 

穴は上下に各1個、左右に各2個で計6個あいています。

回して外れる蓋式になっていて、防水用のパッキンも付いています。

蓋を外すと穴がぽっかり空くので、隙間からゴミなどが入らないために、専用の蓋パッキンが1つだけ付属しています。(上の写真の袋の中に入っています)

 

裏側はこんな感じです。バンドを通す穴が2つあります。

 

ちなみに、サイズがタテヨコ116mmとかなり小さいのですが、このサイズ以外のものは売っていません。

あと50mmぐらいずつ大きい方が本当は便利でした。

 

未来工業 ポールバンド ステン 締付金具付 POB-9

上記のボックスを柱に縛るステンレス製のバンドです。2個必要です。

最初注文を間違えたのですが、上のボックスで使えるバンドの幅は「1cm」です。

これに気付かず「2cm」の商品を買ってしまい、後日買い直しました。ご注意ください。

下記の商品のバンドの長さは90cmです。120cmの商品もありますので状況にあわせて選んでください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未来工業 ポールバンド ステン 締付金具付 POB-9
価格:194円(税込、送料別) (2017/11/14時点)

 

 

未来工業 Eモール(VVF用)3号 カベ白 EML-3W

電源線を隠すモールです。

モールは通常、屋内で使うものなのでまずは近所のホームセンターで「屋外用のモールありませんか?」と聞いたら、「ありません」とのことでした。

今回5m分欲しかったので送料を考えて実店舗で買おうと思ったのに。

仕方ないので通販で探したら、、、

あるじゃねーか!

店員さんのありませんは、(当店には)ありません、と良心的な解釈をしておくことにします。

 

で、このモールですが、屋内用と何が違うのかというと、まず「耐候性・耐熱性にすぐれている」ということ、あとは「水などが入りにくい構造」になっています。

触った質感は屋内用のものと同じように感じます。

構造については断面図を見てもらうと分かりやすいです。

 

「色違い」「太さ違い」で型番が異なるので注意して選んでください。

太さについてはこの「3号」が一番標準的なサイズです。

よほど場所が狭いのでなければ3号が無難です。

もちろん通す線の太ささえ分かっていればそれにあわせて選んでOKです。

以下の商品は「3号」で「白色」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未来工業 Eモール(VVF用)3号 カベ白 EML-3W
価格:237円(税込、送料別) (2017/11/14時点)

 

 

3Mスコッチ超強力両面テーププレミアゴールドスーパー多用途 1巻KPS-19

上記モールを柱に貼り付ける屋外でも使える両面テープです。

1.5mで約500円なので正直ちょっと高いです

 

強力なテープならこの商品でなくてもいいと思いますが、私はこれを買ったので紹介しておきます。

モールは本来ネジ止めで固定するのですが、金属の柱に穴をあけるのは大変かつイヤなので、両面テープにしました。

モール自体も軽い物ですし、中を通すケーブルも大した重さではないので十分すぎる接着力です。

 

HUNDA 防水 延長コード 5m 屋外 電源延長ケーブル

これは電源の屋外用延長ケーブルです。

防犯カメラ自体の電源ケーブルも約3mあるのでそれで足りる場合は不要です。

私の場合、設置場所の都合上、屋外コンセントからカメラまで【5m】ほどあったので、これを買いました。

 

カメラに3mの線があるなら、2mの延長ケーブルでいいのでは?

と思った方は鋭いです。

確かに長さだけを考えればそうですが、電源線はモールで隠したいので、延長でつなげてしまうと当然その部分はモールに入りません。

なので、【屋外コンセントからカメラまでの長さ】の延長ケーブルが必要です。

 

 

これで必要なものは一応揃いました。

これから紹介する部材は必要に応じて用意してください。

私は、長く安定して動作させたい慎重派なので思いつくことはやっておきたい性分です。

 

以下はあった方がいいもの

ニトムズ 強力防水補修テープ 白ブチル 片面粘着 KZ-13 50mm×5m J2210

ブチルテープです。

ブチルテープとは防水性・耐候性にすぐれていて、貼ったものを保護するのに使います。

これを使ったのは【モールに隠れていない場所の電源線などを保護するため】です。

あと、我が家のカメラを設置する柱は【白色】です。

モールも当然【白色】にしました。

電源線は【黒色】なのではみ出ている部分が気になるなあと思ったのもあります。

 

他にも、モールは1m単位で売っているので、接続面にどうしても隙間ができます。

わずかな隙間でも雨水が入る恐れがあるので、そういった場所にもこれは有用です。詳しくは後ほど写真で解説します。

 

 

セメダイン 不乾性充てん材 すきまパテ 白 200g HC-146

パテです。粘土みたいなものです。

モールの終端部分がぽっかり空いたままだと雨水が入るのでこれで防ぎます

屋外施工で気をつけないといけないのは、下側以外には極力穴や隙間をあけない、あけるなら防水を必ず、ということです。

この位置なら屋根もあるし大丈夫やろ、と思ってていても数年もたつと必ず雨や汚れが入ってきます。なので、こういったもので防水するのは大事です。

私は仕事柄、屋外での配線工事に立ち会うことが時々あるのでその経験則です。

 

モールの部材として終端を保護するものや向きを変える接続部品等も売っていますが、それを買うほどでもないと思いパテを選んでいます。

小学校で使った油粘土みたいなもので、この商品も固まらないタイプです。施工も簡単ですし、後から取り除くのも簡単です。

 

 

100均で売ってるスマホ用ワイド(広角)レンズ

今回買った防犯カメラは、視野角が案外狭いです。

おそらく60度くらい

普通のスマホと同じ範囲ぐらいしか映りません。

もちろん、それで問題ない人はそのままでいいのですが、我が家の場合はもう少し左右に広く映したかったので、あれこれ考えて100均のレンズにしました。

Amazonなんかを見るとスマホ用ということで1000円程度でいろいろあるのですが、スマホではなく防犯カメラにつけるにあたって、ケラレ(周辺の黒い枠)の程度とか、そもそもレンズにうまく設置できるのか、分からない点があるのでやめました。

キャンドゥとダイソーで売ってるものを買いましたら、パッケージは違いましたが中身(形状)は同じでした

クリップ式で、接写レンズの上に広角レンズを合体させて使うタイプならおそらく合うと思います。

 

レンズは以下の様に2つに分かれていて、マクロ(接写)の時は左のレンズだけ、ワイド(広角)の時は2つのレンズを合体させて使います

 

レンズ全体↓(クリップ部は使いません)

 

これで私が購入した物はすべてです。
では設置について以下に書いていきます。

 

防犯カメラとボックスを合体

今回買った防犯カメラには線が3本あります。

  • 電源線
  • LANの線
  • リセットの線

これをボックスの中に仕舞い込む必要があります。

外にブラブラさせてしまうと、雨水で壊れる可能性があります。

あと、電源の延長ケーブルとの接続部分も収納したいところです。

 

まずは、線3本を上蓋のパッキンを貫通させます。

 

そして、上蓋の隙間をとおします。

・・・ギリッギリでした(汗

 

電源の延長ケーブルの接続部分を置いてみる。

うーん、無理じゃね?

 

無理やりいれてみる。

っていうか延長ケーブル側は入っていなくてコレです。

 

仕方ないので、コンセントは出すことに。

あと、蓋にカメラを固定するのも思ったより大変でした。

「ネジ穴あいてるし余裕っしょっ」と思っていたら、途中からかなりかたくなるので本気をだしてください。

ポイントとしてはできるだけ「穴」にまっすぐネジを挿すようにしてください。穴と穴の間の「壁」にねじ込もうと思うと結構大変です。

 

次に防犯カメラのレンズに上で書いた100均のワイドレンズを貼り付けます。

普通の両面テープを細く切ってワイドレンズ側の枠に貼りました。今後ポロっと外れるようなら対策を考えます。

 

貼る前↓

 

貼った後↓

なんとサイズがピッタリ!

 

以下がワイドレンズのあり・なしの見え方の違いです。

カメラで撮影したものを無編集でアップします。

 

なしの場合

 

ありの場合

「あり」の場合、明らかに左右と上下に広く映っています。

ただケラレがでるのと周辺が少しぼやけるのでどちらがいいかは好みで選んでください。

 

設置します

ここからは設置した時の写真で解説していきます。

隣家が写ってる部分はぼかしていますので少々見づらいのはご容赦ください。

 

その前に我が家のカメラの設置場所を説明。

カーポートの柱に西向きに設置します。電源コンセントはオレンジ色のセンサーライトの真下にあります。

 

モールを貼り付けて、電源線を通します。

巻いてある白いテープは先ほどのブチルテープです。

 

モールは押すとこんな感じに変形しますので、開けるのは簡単です。

 

ちなみに貼り付ける時に使う両面テープですが、貼り付けて1日おいてから力をかけるようにしてくださいと書かれています。

写真では同時にしてるように見えますが、前日にモールだけ貼りつけておきました

 

同様に柱の上の面(屋根下)も貼り付けます。

柱の後ろに少し見えているのは先日設置したセンサーライトです。

 

終端はこんな感じです。あれ、ちょっと短い・・・

 

ボックス(カメラ)を固定するべく、バンドで括ります。

 

 

バンドの固定方法は「ラチェット式」というものですが、少し気をつけないと最後のおさまりが悪くなります。

また、一度練習して外すというのも構造的にできないので、不器用な方は3本かっておく方がいいかもしれません。

ステンレス製ということでかなりしっかりした作りですので軍手で作業してください。あと、柱側に多少の傷はどうしてもつきます。

 

余分なバンドを切断します。ニッパー必須。

 

結局、電源の接続部分は外にでてしまったので、ここにもブチルテープを貼ります。

 

これで防水と耐候になるでしょう。

ブチルテープは曲面に貼ると少しずつはがれてくるので、接着剤できちっと張り付ける方がいいかも。

 

最後に、こういったモールのつなぎ目を、

 

またまたブチルテープで防水します。

 

モールの終端をパテで埋めます。

 

 

補足:柱以外への設置の場合

四角柱や円柱以外の場所へ設置する場合には必要な部材が変わってきます。

場所によるので、これが使えますとはいいきれませんが、調べる中で見つけた使えそうな商品を紹介しておきます。

 

取付自在蓋”だけ”のような商品です。ボックスはありません。

この商品もバンドを通す穴があるので固定はしやすいと思います。

 

 

少し太めの結束バンドです。屋外にも使えます。

これで直接カメラを固定するという方法もできなくはなさそうです。

 

電柱にミラーを取り付けるための商品です。

 

こちらも同じです。電柱取付ミラー用です。

ボックスを見つけるまでは、こんな商品しかないかぁ、と悩んでいました。

 

これは台座だけです。バンドで固定できます。

 

ブロック塀にミラーを取り付けるための固定具です。

 

オーソドックスな防犯カメラの固定具。

 

これもオーソドックスな感じの固定具。

 

(追記)1年使ってみて

毎日問題なく録画してくれています。

調子が悪くなる時はまったくありません。安定しています。

最近はめっきりビデオの確認する回数が減りましたが、たまに動作確認するようにしています。

ブチルテープはどうしてもめくれてくるので、たまに貼り直すのがよさそうですね。

それ以外の施工箇所については傷みもなく問題ありません。

 

まとめ

今回は機器や施工道具の選定から施工まで長々と書かせていただきました。

これだけ調べるのにかなり時間を要したので、参考になれば幸いです。

 

何度もいいますが、防犯カメラやセンサーライトを設置したからといってこれで防犯対策はOK、なんてことはありません。

あくまでしないよりはマシ程度のものです。

まずは窓や扉の施錠が大事です

 

また、家の周りが散らかっていたり、汚れていたり、物が多く雑然としている家は、手入れがいき届いていない印象をあたえ、狙われやすいそうです。

そういったことも普段から気をつけるようにした方がいいと思います。

 

防犯カメラの設定や使い勝手について補足記事を書きましたので、こちらもご参考に。

購入した防犯カメラを詳しく解説します

 

本日は以上です!

 

当ブログでは少し古いけれど【安く】て【まだ使える】スマホ情報をまとめています。
LINEが使えればいい、とか、こどものゲーム用なんかには丁度いいと思います。

安いスマホまとめ
防犯・防災
スポンサーリンク
#エスナビをフォローする
エスナビ〜子育て親による安くて使えるスマホや便利なグッズの紹介

コメント