Xperia acro SO-02C を4.0(ICSでLT18i化)にするぞ

安いスマホ
スポンサーリンク

って何年前の話題だよ!

昔使ってたのですが、下取りに出してしまったので最近買いなおしました。

スペックはこんな感じです。

キャリア:ドコモ
メーカー:ソニーエリクソン
発売時期:2011年7月
OSバージョン:2.3
液晶サイズ:4.2インチ(854*480)
CPU:Snapdragon MSM8255(シングルコア)
RAM:512MB
ROM:1GB
電池容量:1500 mAh
待受時間:3G 400時間
カメラ画素数:810万画素(メインカメラ)
重さ:135g

最初に書いておきますが、OSを4.0にしても2017年時点でこの機種を常用するのは非常に厳しいです。

私が中古で買う際には「その時点でそれなりに使える機種」というのも基準に選んでいますが、これについては単純に昔使っていたからというのとドコモメールのマルチアカウント化という理由だけで購入し、カスタムしました。

 

スポンサーリンク

この機種を今さら買った理由

あえて今さら買った理由ですが、ドコモの3G端末でOS 4.0以上だと、ドコモメールのマルチアカウント化ができます。

「3G端末」かつ「OS 4.0以上」というのがなかなか厄介で、ドコモのXperiaだと「Xperia acro HD」のみです。

今回のXperia acro SO-02Cも公式では2.3までなので、本来はマルチアカウント化には利用できません。

他のメーカーにも上の条件を満たす機種はありますが、それほど多くありません。

昔使っていた時にマルチアカウント化は済ませてあるのですが、今後再度つかう可能性があるかもしれないので買いました。

 

4.0化の手順について

お約束ですが、下記をおこなうとドコモでの保証は受けられなくなりますのでご注意ください。

あと日本独自機能のワンセグ、Felica、赤外線は利用できなくなります。

基本的な機能である電話、メール、wi-fiといった部分については問題なく使えます。

ただし、spモードでの通信が問題なくおこなえるか未確認です。

格安SIMで使う分には問題ありません。

あと、同時期に発売されている下記機種についてもほぼ同じ手順でいけるようです。

・Xperia arc SO-01C

・Xperia ray SO-03C

違う部分については後述します。

 

手順は以下のようになります。

1.android SDKのインストール

2.Flashtoolのインストール

3.海外の公式ROM 4.0を拾ってflashtoolで焼く

(おまけ)

4.フォントの日本語化(root化必須)

1から3までならroot取得やbootloader unlockやカスタムROMは必要ありませんので、まだ敷居は低いです。

4についてはしなくても、利用自体はできます。

日本語化とは書いていますが、海外のROMでも日本語表示に対応していますので一通りの利用には問題ありません。

ただ、一部の漢字が中国風の漢字になるというだけです。

これを修正するためにはroot化してフォントの入れ替えが必要です。

 

では1から順番に説明していきます

1 android SDKのインストールと設定

下記サイトが分かりやすいです。

Android SDKのインストール方法まとめ。
今回は、Android SDKをインストールして最新のplatform-toolsをダウンロードする方法を紹介します。 スポンサーリンク 目次1 Javaのインストール2 Android SDKのイン ...

他の機種でもflashtools等をつかってROM焼きするときには事前に設定が必要なので、既に設定している場合は不要です。

 

2 公式サイトからflashtoolsをダウンロードしてインストール

最新版ではなく、0.9.18.6の方がいいと思います。

最新版を使うと予期せぬトラブルが発生するかもしれません。

Flashtool 公式サイト

 

3 海外の公式ROM 4.0を拾ってきます

さらに以下の作業が必要です。

a)SO-02Cのftfをwinrarや7zipで展開して「amss_fs.sin」を取り出す。

b)LT18i 4.1.A.0.562(4.1.B.0.587でも可)のftfを同様に展開して「amss_fs_ayame.sin」を削除し、SO-02Cのftfから取出した「amss_fs.sin」を入れる。

c)上記のftfを作成し、これをflashtoolで焼く。

※Xperia arc SO-01Cの場合

上記のファイル入れ替えは不要です。
拾ったftfをそのまま焼きます。

※Xperia ray SO-03Cの場合

ST18iのftfが必要なのでどこかから拾ってきましょう。
それと上記のようなファイル入れ替えは不要ですのでそのままflashtoolで焼きます。

このあたり面倒かと思いますので以下に、b)の手順後のftfをアップロードしておきます。このftfファイルはXperia acro SO-02C専用です

Google Drive - Virus scan warning

 

Flashtoolで焼く際の注意点は、

・Wipe(削除)はすべてにチェックをいれます

・Misc(その他)で「No final verification」にチェックをいれます

 

4 フォントの入れ替え

以前に一度したのにここで詰まりました。

何度やってもroot化ができない・・・

ワンクリックでroot化できるバッチファイルがネット上にあるのですが、デバイスが認識できていない状態のようです。

色々試したのですが、おそらく以下の手順でいけると思います。

a)海外のSONY公式にあるXperia_PLAY_neo_arc_acroIS11s_acroSO-02C_USB_driversのドライバーをいれる。

b)DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-suのワンクリックrootのバッチファイルを使う。

バッチファイルはこちらです。

DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su

 

これでrootがとれると思います。

 

次に「ESファイルエクスプローラー」をインストールします。

「Playストア」を使おうにもRAMが少ないせいか、更新ができません。(下に追記しました)

仕方がないので、PC内にapkファイルを用意して、USBで接続してadbコマンドでインストールします。

apkはAPK MIRRORから入手できます。

このAPK MIRRORですが、ウイルスチェックをおこない、オリジナルの作者しか設定出来ない暗号化署名の同一性も確認しているということなので、まず安心できると思います。

さて、adbでのインストールの仕方は、apkファイルをCドライブ直下にaaa.apkと置いた場合、USBで接続後にコマンドプロンプトで以下の様にうちます。

adb install C:\aaa.apk

事前にスマホ側で「提供元不明アプリ」の設定をONにしておいてください。

(2017/4 追記)「Playストア」アプリの動作について

記事作成時には「Playストア」が動作しなかったのですが、ひと月ぶりぐらいに電源をいれて確認したら、最新版の「Playストア」が動作しました。

ですので、通常の方法でアプリのインストールができます。

最新版の「Playストア」のスクリーンショットです。

 

Xperiaの標準フォントは、モトヤLマルベリ3等幅といいます。ファイル名は「MTLmr3m.ttf」となります。

このフォントを、system/fonts にいれ、プロパティをrw-r–r–(644)に変更します。

あと、system/etc/fallback_fonts.xml のファイルで読み込むフォントを変える必要があるため一部を書き換えます。

28行目を下記のようにします。

<file>MTLmr3m.ttf</file>

ESファイルエクスプローラーを使って直接書き換えができるようですが、私はうまくいかなかったので一度PCにfallback_fonts.xmlを転送して、PC内で編集してから再度スマホに転送しました。

 

4までの作業が終わり、不要なアプリは極力削除してこれくらいのRAM使用量とアプリになります

後から追加したアプリは「ESファイルエクスプローラー」「Titanium Backup」「Habit Browser」「ピンポイント天気」だけです

 

標準ブラウザでのウェブ利用、カメラ操作など一応動作はします。

使用感などを動画にとりました。

動画内では「Playストア」が動作しないと説明していますが、上にも追記しましたように最新版で正常に動作することを確認できました。

 

格安SIMでの利用は?

ドコモ端末なのでドコモ系格安SIMならどこでも使えます。

SIMカードのサイズは標準のものです。(UIMカードともいいます)

 

2017年時点、まだ使えるか

かなり厳しい!

「ブラウザ」は使えますがもっさりしますし、メモリが少ないので動かないアプリも多そうです。

さすがにシングルコアでRAMが512MBじゃ無理っす。

 

どこで安く買える?

私は2016年10月にヤフオクで約1000円で購入しました。

状態は以下でした。

  • マイクロUSBの防水キヤップなし
  • 傷はそこそこある

 

飛散防止フィルムについて

この機種には飛散防止フィルムというものが元々貼られています。

これは文字通り、スマホを落とした時に液晶のガラスが飛散するのを防ぐ役割があります。

ですので、通常ははがさない方がいいのですが、もし中古で買った端末の液晶面に深い傷があるようなら剥がすのもありです。

飛散防止フィルムを剥がした後に傷がはいってるならどうしようもありませんが・・・

良く見ると液晶の端っこに段差が見えますので、そこから爪で何度かカツカツすると剥がせます。特に難しいものではありません。

 

剥がすと、最初は手の脂がなじんでないのでつっぱる感じはありますがすぐになじみます。特に画面の見た目も変化はないように見えます。

特に傷付きやすいという感じもありません。

ただ、落とすと大変なようなので、よく持ち運ぶのなら手帳カバーでもした方がいいかと思います。

 

私が購入した中古Xperia acro SO-02Cの写真

ボタンに塗装剥げがありますが液晶面に傷はありません。

側面に割れがあります

マイクロUSBのキャップがありません

ここも割れがあります

背面カバーは目立った傷はありません

上述のようにマイクロUSBのキャップがありません

 

 

かなりいまさら感があり、今回はあくまでカスタム好き向けの記事となります。

本日は以上です!

当ブログでは少し古いけれど【安く】て【まだ使える】スマホ情報をまとめています。
LINEが使えればいい、とか、こどものゲーム用なんかには丁度いいと思います。

安いスマホまとめ
安いスマホ格安SIM(MVNO)
スポンサーリンク
#エスナビをフォローする
エスナビ〜子育て親による安くて使えるスマホや便利なグッズの紹介

コメント

  1. HARU より:

    ウチも、SO-02が転がっていたので、此方のサイトを参考にLT18i化してみました!
    とても参考に…と言うか、完璧でした!(;^ω^)
    特に【ftf】ファイルが用意されてるのは、助かりました!
    ありがとうございます!

    私の環境では、ドライバーのインストールはしなくても、root取得batでアッサリとroot奪還出来ました!

    ありがとうございました!

    • えすesu より:

      役だったようでなによりです。
      今さらなかなか使い道のないSO-02Cですが、たまにはメンテなどしてあげてください。

  2. Happymc2525 より:

    お、acroだ!
    久しぶりに使ってみるか!
    …そうだ。2.3までだったっけ…

    と、いうことで貴方のサイトを参考に4.0まであげることに成功しました!
    2.3時代は頑張って取ったrootも4.0はrootkitがあるのですか。

    フムフム…

    いやぁ~まさかあんなに簡
    単にrootが取れるとは思ってもいなかったのでrootkitにハマっちゃいました()

    そして、質問が2つ。
    1. BL unlockは可能ですか?
    2. 4.0.4まであげることは可能ですか?

    色々すみませんm(__)m
    ↑の質問にも答えてくれたら嬉しいです。

    • えすesu より:

      参考になったようで幸いです。さてご質問の件ですが

      1.BL unlockについて
      以前調べたところ、Xperiaではグローバルモデルしかできない可能性が高いということでした。
      下記の方法でお持ちの端末がunlockできるか調べられます。

      ・電話アプリを起動して「*#*#7378423#*#*」と入力
      ・Service info→Configurationを選択
      ・”Bootloader unlock allowed”の値を確認
      「Yes」なら可能です。

      2.4.0.4まであげるには
      私が使ったromのバージョンが古いので4.0.3になってるようですね。
      LT18iの「4.1.B.0.587」のftfが入手できれば同じ手順で4.0.4にできると思われます。
      ぐぐってみると、、、ありますね。
      4.0.4にできましたら、またコメントで教えていただけると助かります。

      今後も当ブログをよろしくお願いします。

  3. Happymc2525 より:

    4.0.4には出来たものの、rootの取得が出来ません。

    どうすれば…

    • えすesu より:

      root取るのってハマるとなかなか大変ですよね。
      多分いろいろ試されたと思いますが以下のバッチでとれると思います。(まだ拾えると思います)
      ・doomlord_v1_xperia-2011-ics-root-emu-busybox-su.zip
      ・DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip

      ドライバーをいれてきちんとスマホが認識されている状態で実行するのがミソだった気がします。
      あまり参考にならなくてすいません。

  4. Happymc2525 より:

    色々と試しましたが、いきませんでした。

    ~それから格闘すること1時間~
    4.0.4を焼いたあとに4.0.3のftfをkarnal以外全てにチェックを入れて焼いて、rootkitを使ったところ…無事にroot取得出来ました!

    …よかった。

    ただ、BLunlockしたい。

  5. せな より:

    2.3.4の時はBootloader unlockしなくてもcwm使えたのに、4.0.4になってから使えなくなりました。何故?

  6. Happymc2525 より:

    Bootloader unlockしなくてもこのカスタムromは導入出来ました。
    動作が少し軽くなったような気がします。
    https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1920207

    • えすesu より:

      情報ありがとうございます。
      いじりがいのある端末は楽しいですね。
      個人的にはNexus6Pあたりを購入していずれPieを試してみたいところです。
      今後も当ブログをよろしくお願いいたします。