初代Pixel(G-2PW4200)を格安SIMで使ってみる。あと、今のおすすめPixelなど

安いスマホ
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

Googleのリファレンス機「Pixel」、たまたま安かったので買ってみました。

私が買ったのは初代Pixelなので、日本では未発売の機種になります。

2016年10月発売とはいえ、現時点で最新のAndroid OS【10.0】まで対応しています。

 

ではこの初代Pixelが格安SIMで使えるか試していきます。

結論としては、ドコモ系ならまったく問題なしau系は無理やりデータ通信だけ可能、です。

au系格安SIMで使いたい方はよく読んでから検討してください。

スポンサーリンク

スペックについて

Pixel(G-2PW4200)のスペックはこちら。

メーカー:Google(製造:HTC)
発売時期:2016年10月
OSバージョン:10.0
液晶サイズ:5.0インチ(1920*1080)
CPU:Snapdragon 821
RAM:4GB
ROM:32GB
電池容量:2770 mAh
重さ:143g

参考に以下のベンチマークもはっておきます。

 

AnTuTu(ver 7.2.1)

 

Geekbench

2019年10月現在、使った所感

CPUは現在のミドルハイといったところで、性能的にはまだまだ使えます。

ただ、思ったより発熱します。

アプリの更新を5分ぐらいしてると結構熱をもちますし、バッテリーもがんがん減りますね。

ゲームをしてても同様です。

中古を買ったのでバッテリーの評価は難しい所ですが、おそらく電池持ちは最初から良いほうではなかったのではないかと思います。(悪いということもなく普通ぐらいかと)

 

OSについては、最新の10.0まで対応しています。流石リファレンス機です。

2016年10月発売なので、この次の【11】はおそらくこないと思います。

 

私が購入した「G-2PW4200」はグローバル版で、ほかに北米版もあります。

グローバル版の対応バンドは以下の通りです。

 

3Gバンド

  • 800/850/900/1700/1900/2100

4G(LTE)バンド

  • 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/21/26/28/32/38/39/40/41

 

3大キャリアの対応バンドはイオシスのサイトが分かりやすかったのでご参考に。

周波数帯について | SIMフリースマホ販売の【イオシス】
SIMフリースマホを買う時には「周波数帯(バンド)」の確認が必要です。って言われても・・何をどう確認すればいいのか?そもそも周波数帯(バンド帯)って?なんで確認しないといけないの?などの疑問にお答えします!各キャリアの早見表もあります!

 

ということでバンド的には問題ないのですが、調べたところau系の回線は通常使えないらしいのでテストしてみます。

格安SIMで使う

私が試したのはイオンモバイルの回線です。

IIJの卸なので、IIJ、エキサイトモバイル、DMMモバイル、でも結果は同じになるはずです。
(おそらくどこのMVNOでも同じだとは思いますが)

イオンモバイル(タイプ1)ドコモ回線

問題なく使えます。

APNを設定をするだけで、通話、データ通信どちらも問題ありません。

 

イオンモバイル(タイプ1)au回線

こちらはデータSIM(通話なし)で試しました。

SIMの種類は「マルチSIM(VoLTE SIM)」です。

au系SIMの場合、APNを設定しただけでは使えません特殊な操作をすればデータ通信だけは使えます

 

以下のサイトに助けられました。

「Pixel XL(G-2PW4100 / 北米モデル)」+KDDIの“黒SIM”でLTE通信できた
前回からの続きです。KDDI の iPhone 6s に挿さっていたいわゆる “黒 SIM” を「Pixel XL(G-2PW4100 / 北米モデル)」に挿しても通信ができたのでご紹介します。 「P

 

手順を書き出すと、

  1. 「*#*#4636#*#*」に電話をかけて、サービスメニューを出します
  2. ”携帯電話情報” へすすむ
  3. ”優先ネットワークの種類を設定” のデフォルトが「LTE/CDMA/UMTS auto(PRL)」になっているのを違うものに変更して、pingの実行
  4. 3を再度違うもに変えて試す(繰り返し)
  5. 通信が安定すれば終了

となります。

実際にやってみた感じでは、pingの連打はそれほど必要なく、通信の種類を変えた時に、一瞬でもアンテナピクトに変化があれば

  1. pingを数回試す
  2. 数秒様子をみる
  3. 不通なら再度種類を変える
  4. 変化がなければ、また種類を変える
  5. 変化があればまたpingを数回試す

これの繰り返しでいけそうです。

あと、5分くらいしてもつながらないときは、場所を変えるとか、時間をおくなど試してください

私も「つながらないムキー」ってなりましたが、20分後にしたらあっさりつながりました。

よくわかりません。

実際にどの種類の時につながるのかは不明です。

現在、初期値でつながってますが、「LTE only」で繋がることもありました。

 

あと、APNの設定はもちろん必要です。これは通常の値を設定するだけです。

あと、au系SIMなのでSMSが標準で使えるはずですが、こちらはダメでした。

設定から確認すると、電話番号を認識できてはいますが、SMSの受信・送信ともできません。

 

繋がってる時の状態↓

 

「設定」から確認したところ↓

 

Network Cell Info上での表示↓(Band18をつかんでいます)

Pixelならではのところ

折角なのでPixelらしいところを紹介しておきます。

ホーム画面を下から上にスワイプするとアプリ一覧画面が表示される

そういうホームランチャーを使えば同じようにできますが、これもPixelらしさかなと。

 

Daydreamに対応

VRのプラットフォームです。

各社がVRを宣伝していますがなかなか流行りませんね・・・

 

以前「HTC Vive」をドスパラで体験したことがあるのですが、

これは凄い!!!

と久しぶりにゲームで興奮しましたよ。バイオハザード的なゲームをやったのですが、怖すぎて腰が引けました(マジで

あの没入感は遊んだ人しかわからないので、ぜひ遊んでほしいところ。

 

まあGoogleのDaydreamにしろ、サムスンのGearVRにしろスマホなので、まだこのレベルでは当然ないのですが。(Oculus Questが欲しい)

 

ドスパラのVR体験(無料です)

VRを体験するならVRパラダイス|ドスパラ公式通販サイト
VRの体験予約、最新情報、ゲームレビューなどVRに関連する内容が盛りだくさん!VRがより楽しくなるニュースメディアのVRパラダイスへようこそ!もちろん体験は無料!ひとりorグループでの体験できます!是非お立ち寄りください。

 

Pixelシリーズの現在のおすすめ機種

「Pixel」シリーズは日本未発売の機種もあるのでその説明から。

 

「Pixel」「Pixel XL」「Pixel 2」「Pixel 2 XL」

この4機種は日本未発売です。

日本で未発売ということは、日本の技適を取っていないということなので、法的には使えません。

法的にダメといわれている機種をすすめるつもりはありませんが、実情としては以下が参考になると思います。

技適なしスマホは即摘発されるのか?公的機関の回答から実情を探る
技適マークのない海外SIMフリースマホは日本国内で使える?ばれる?摘発される?逮捕の事例は?実際のルール運用について公的機関の回答や情報をまとめました。

 

日本で使える機種

「Pixel 3」「Pixel 3 XL」「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」

この4機種は日本でも発売されたので問題なく使うことができます。

スペックを簡単に比較しておきます。

製品名Pixel 3Pixel 3 XLPixel 3aPixel 3a XL
CPUSnapdragon 845Snapdragon 845Snapdragon 670Snapdragon 670
メモリ4GB4GB4GB4GB
液晶サイズ5.5インチ6.3インチ5.6インチ6.0インチ
解像度2160*10802960*14402220*10802160*1080
電池容量2915mAh3430mAh3000mAh3700mAh
重さ148g184g147g167g
幅×高さ(mm)68 x 14677 x 15870 x 15176 x 160
ノッチなしありなしなし
ワイヤレス充電qi対応qi対応非対応非対応
防水性能防水・防塵防水・防塵防滴防滴
発売時期2018年11月2018年11月2019年5月2019年5月
対応OS10.010.010.010.0
定価95000円~119000円~48600円~60000円~

※対応OSについては、2019年10月現在です

無印と「XL」の違いはサイズだけですが、「Pixel 3 XL」だけノッチがあるという点で異なります。

 

定価だけを見れば、一番買いやすいのは「Pixel 3a」です。

元々「Pixel 3」の廉価版として発売されているので当然といえば当然です。

 

ただ、廉価版とはいえカメラの性能は「Pixel 3」と比較してもそれほど違いはないようで、コスパがいい!との評判が多いです。

本当に“同じ”? 「Pixel 3」と「Pixel 3a」のアウトカメラを撮り比べる
Googleのスマートフォン「Pixel 3」と、その廉価版に相当する「Pixel 3a」。両者のアウトカメラは基本スペックが同じということになっているが、本当に同じなのか? 撮り比べてみるのである。

 

CPUについては、ハイエンドミドルハイといったところなので、ゲームをごりごりするような人だと違いは分かります。

また今までハイエンド機を使ってる人がミドルハイを使うと、

なんかちょっと遅い・・・

ぐらいの差は感じるかもしれませんが、一般的な用途なら値段ほどの違いは感じない部分です。

それよりも背面の素材がガラスではなく、プラスチックという点で安っぽさを感じるかもしれません。

Googleの半額コードでPixel3が50%オフ

いつから出回り始めたのか知らないのですが、Pixel 3シリーズが50%オフになる特別コードというものがあります。(2019年10月現在)

 

メルカリの検索結果↓

403 Forbidden

 

定価は「Pixel 3」が95000円、対して「Pixel 3a」が48600円。

コードで半額になるなら「Pixel 3a」の予算で「Pixel 3」が買えますね

Pixel 3aを新品で買うつもりの方は、コードを使ってPixel 3を買う方が間違いなくお得です。

お早めに!

2019年10月現在だと、コードの期限が10月のものと12月のものがあるようです。

Pixel 4発売決定

10月16日に発表されました。

大きく変わったのは、初めての2眼カメラで、ほかに天体写真がとれる点をアピールしています。

値段は89,980円~と安くはないので、他の方のレビュー記事を楽しみにしておきます。

中古で狙うなら

「Pixel 3」シリーズも「Pixel 3a」シリーズも最新のOSが提供される期限は同じだと思いますので、コスパ重視で選びます。

「Pixel 3」シリーズもまだ発売されて1年ですし、そこまでバッテリー状態の悪いものはないと思います。

 

ということで私がよく使う「じゃんぱら」と「楽天市場」で検索します。

混ざるとややこしいので「XL」はどちらも検索結果から省いています。

じゃんぱらで検索

 

3と3aの両方が表示されますが、安い順にしているので、3a があってから 3 が出てますね。(2019年10月現在)

  • 「Pixel 3a」が44000円前後
  • 「Pixel 3」が50000円前後

この値段なら新品で買いますかね。

 

次に、楽天で検索します。

Pixel 3aを検索

Pixel 3を検索

  • 「Pixel 3a」が42000円前後
  • 「Pixel 3」が50000円前後

こちらも同様に高いですね。

ただ、楽天は掘り出し物が時々あって、「Pixel 3」(ランクA)が1台だけ41,591円という値段でありました。

個人的には、「Pixel 3」が3万円台まで下がれば中古もありかな、という感じです。

せっかくなので購入したPixelの写真

背面の「G」がカッコイイ

 

背面のデザインが特殊で、下の2/3は金属、上の1/3はガラスになっています

 

丸い所は指紋認証です。カメラは単眼。

 

オモテ側はよくある感じです

まとめ

私の中ではサムスンからでたGalaxy NEXUS SC-04D以来のGoogle謹製端末です。

やはりGoogle製だけあって、他のAndroidスマホとは一味違う仕様になっており、わくわく感がありますね。

Pixelシリーズはカメラが単眼ながら画質がいいと評判で、他社の複眼カメラとは違うアプローチをとっているのも特徴です。

「3」から廉価版もでたことで、比較的買いやすくなりましたので、Googleの最新サービスを体験したい方には、いい端末だと思います。

 

本日は以上です!

当ブログでは少し古いけれど【安く】て【まだ使える】スマホ情報をまとめています。
親用に購入したり、サブとして持ったり、こどものゲーム用なんかにはちょうどいいと思います。

安いスマホまとめ

安いスマホ
スポンサーリンク
#エスナビをフォローする
エスナビ〜子育て親による安くて使えるスマホや便利なグッズの紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました